仕上がりの美しさは断トツ「マツエク」

目力を上げるために女性は色々な方法を探しています。その中で、つけまつげとマスカラはエクステよりも一般的かと思います。

 

仕上がりの美しさを比較してみると、やはりマツエクに勝るメイクは見つかりません。自分の気に入ったデザインを自分の目に合わせて、ナチュラルに仕上げることができます。

 

つけまつげでは手に入らないナチュラルさと、マスカラでは手に入らないデザイン、キープ力を兼ね備えています。不必要なアイラインをひかなくて済むので、アイメイク自体もナチュラルに仕上げることができます。

 

装着の手軽さを比較

1回の施術に1〜2時間はかかりますが、サロンでいちど装着してしまえば毎日装着する手間のないのが「まつげエクステ」です。毎日の作業が必要ですが、慣れてくればすぐに装着できるのが「つけまつげ」です。ただし皮膚に接着剤を使用するので、装着時にトラブルが起こりやすいデメリットもあります。ビューラーとマスカラは毎日の作業に多少の時間を要しますが、皮膚に一番負担がないタイプと言えます。

 

コスト面を比較

サロンもかなり増えてきているとは言っても、まだまだ費用がお高いのはマツエクです。1回の施術5000円から、本数が多い場合は1万円以上する場合もあります。3週間から1か月に一度の施術に加え、こまめにメンテナンスしたい場合は加えて1〜2週間に一度、リペアの費用が掛かります。

 

ただ、維持するのにお値段が気になるようであれば単発付けもできますし、ブライダルやパーティー、旅行前だけ、といった特別な時に付けるのも便利です。つけまつげは1000円前後のものが主流(中には100均もありますが)で、ひとつ用意すれば繰り返し長く使えるので、コストも比較的抑えられます。